© 2017-2020 MASAKAZU INATOMI All Rights Reserved.​
このサイト内の写真の著作権は全て稲富正和に帰属します。

  • Masakazu Inatomi

SONY α9 Ⅱ




SONY α9 Ⅱ(ILCE-9M2)の発売日。 11月1日午前中に我が家にも届いた。

グリップを握った感触は、α7R Ⅳと全く同じに感じる。 左上のモードダイアルが、あるかないかの違いだけ? ・・・・・みたいな外観。 やはり、このグリップには安心感があり、

ボタン類の押しやすさなど操作性も大幅にアップ。

それをα7R Ⅳで体感してしまったから、 α9のグリップ感が物足りなくなっていた。 本当はα9 Ⅲまでα9を使うつもりだったのに。。。

発表時から発売ギリギリまで悩んだ末に買ってしまった。


で、個人的に、もう一つすごく気に入ったのが、 シャッター音。

人それぞれに音には好みがあるだろうし、 フラッシュを使用するなどの場面以外では、 電子シャッターで使うだろうから、 あまり関係ないかもしれないけど、 個人的には嬉しい。


SDカードの1と2の場所も同じになり、 基本的には同機種を2台持った操作感に。



それから大変気になっていた事。 高感度ノイズ。

α7 Ⅲの方が高感度にはα9より強いと、 言う人が多かった。 僕はα7 Ⅲを使った事がないから、 その話の真実は体感してないけど。 まさか新しいα9 Ⅱがα7 Ⅲに劣るって事は、 ないよね??? って気になっていた。 時間がなく、簡単に自宅で試してみただけだけど。 カレンダーが、ISO 12800 充電器が、ISO 10000 解像感はα9より良くなってるかな。 ノイズも若干少ない。 希望的な気持ちも入ってるからか!?(笑)

α9が既に手元にないので、 正確な検証はできないけど。 明日 3日の日曜日に仕事でライブ撮影があるので、 そこでハッキリするだろうけど。 新しいα9 Ⅱとα7R Ⅳで、若い頃好きだった 山水館のライブ撮影。 楽しい文化の日になりそうです。